ディメンションチェーン

可能性を示し
未来を探り
斬新な世界と繋がる

ディメンションプロジェクト

Dimension is a “big data + blockchain” project that dedicates to provide a solution to information structuring through distributed data collection, decentralized data storage and smart contract. In the past few years, we have seen many successful examples that use distributed ledger technology to tokenize computing power, storage space, and network flow to create value. Based on the same logic, Dimension focuses on consolidating the fragmented value in each users’ browsing behavior. On the users’ end, we use a client and a built-in distributed crawler to capture user's behavior in real time as they surf the internet. As long as the user agrees to contribute his data, he can participate in the data-collection process without changing his normal browsing behavior. In return, users will get DMS tokens as a reward for his contribution. This process can not only quantify the value of network flow, but also gives the part that belongs to the user back to the user. At meantime, data users can pay to access the data that automatically processed and put together by the system. If the data user has specific requirements on the type of data he wants, he can also release a task on the bulletin board. Whether you are a commercial company or individual user, you can build your own smart contracts to meet your needs and collect high-quality data through Dimension Chain.

特徴

永続的なストレージ

ディメンションチェーンは分散型ストレージシステムを使用します。データ障害を防ぐために、システムには多層レイヤーのデータストレージを存在します。これには、データベースのシャードを持つ多数の一般ユーザーノードと、データベースの完全なコピーを持つ複数のスーパーパートナーノードが含まれます。

分散型クレジット

ディメンションチェーンは分散型コンセンサスアルゴリズムを使用してデータを収集します。結果的に、このメカニックは偏りのない自動データ収集を保証し、また、データ改竄のコストは非常に高くなります。

信頼性検証

ディメンションチェーンはユーザーが発行したスマートコントラクトに従ってデータを収集します。対象となるデータはインターネットからスクレイピングされ、部分空間を形成します。データの信頼性はブロックチェーンシステムのコア構造によって、継続的に検証されるよう保証されます。

ハイライト

汎用性

ディメンションチェーンの構造はデータ管理に最適化されています。スマートコントラクトをカスタマイズし公開することで、リアルイベントを望みの仕様で記述できます。

効率

ディメンションチェーンを操作するためのエネルギー要求は、既存のインターネットにほんの少しのエネルギーを加えれば満たせます。スーパーパートナーが全体に対し て基本的な支援を行っているため、ほかのデバイスが持続的にシステムに接続する必要はありません。

信頼性

データはディメンションチェーンにあることで、かつてないほど忠実で信頼できます。 データの正確性と完全性はブロックチェーン技術に必然的保証されます。

アクセスの便宜性

一般ユーザーは大量のデータを処理する義務がないため、自分のデータとアプリケーションだけに集中することができます。

将来像

本ブロックチェーンシステムはエンティティのすべての履歴データを記録します。これらの唯一の記録はデジタル指紋であって、エンティティの識別に使えます。

本ブロックチェーンでのユーザーは、一定期間内に将来に対する約束を発表できます。約束の内容はスマートコントラクトとして記録され、無条件で実行されるようにシステムに保証されます。

ブロックチェーンが日々のアクティビティ記録にますます使われていくと、データは人事やリソース管理用に十分になっていきます。従来の長期契約の代わりに、タスクとイベントだけに基づいても大規模プロジェクトを管理できます。

最終的にブロックチェーン検証は、信用情報の唯一の標準か、最も良い標準の一つとなります。この傾向は特定の分野から始まり、徐々に社会全体に広がる可能性があります。

APPLICATION

Cross-Platform User Profile (CPUP)

A CPUP cam be generated via machine learning based on user's browsing behavior on each platform. IPFS will provide decentralized storage of the CPUP as a shared comunity asset. Companies can use the CPUP to significantly improve AI and other data-driven services.

Business Information Exchange

Companies can publish tasks by writing simple smart contracts. Data will be obtained from users' browser plugin in a decentralized manner while the user browses as per usual. Users will be rewarded with tokens as an incentive while the data is packaged and exchanged.

Sci-Hub

One-click reward mechanism allows academic users to solve the 'where does this come from problem' while browsing the web. As long as some academic users have seen the content, other academic users can access the content conveniently.

Anti-Price Discrimination

Users will obtain real-time price/ data from the web in a distributed manner, thus preventing price discrimination. Users benefiting from this service have to spend token in order to incentivize other users who provided the 'Better-Price' data.

Project Real News

Sorting through tags allows readers to obtain multi-angled information from a variety of sources more conveniently. Minimizing the biasness and incompleteness caused by the subjectivity of reports.

Roadmap

1

Birth of Idea

Sep 2017>
2

Complete Angel Round

<Jan 2018
3

Building of Blockchain & Data Team

Mar 2018>
4

Start of New Round

<Sep 2018
5

Start of Project Engineering & Brand Awareness

Sep 2018>
6

Launch of MVP

Oct 2018>
7

Start of Business Promotion

<Feb 2019
8

Connecting 1 Million Users

Jul 2019>
To Be
Continued

チーム

Suji Yan

創業者兼 CEO
東京大学とUIUCのコンピュータ工学専攻
元 TuSimple ソフトウェアエンジニア
Sujitech の CEO

Louis Liu

Co-founder & CTO
UIUC コンピュータサイエンス機械学習と自然言語処理専攻学士及び修士、元 Trio.io リサーチエンジニア、アメリカ国立科学財団と国立衛生研究所が出資する複数の研究プロジェクトに参加

KATT GU J.D., M.S.

Legal Consultant & Head of US Market
法学博士、情報学博士候補、法律学者、台湾政府のICO規制コンサルタント、先端技術の規制に関する出版物が複数

Mindey INDRIŪNAS

Big Data Architect
B.A. in Mathematics, Vytauto Didžiojo universitetas
Ph.D. Candidate in Interdisciplinary Linguistics, Purdue University
Research background in meta-structures for representation and integration of data and programs.

プロジェクトアドバイザー

Adrian Cortez

Fusion Consulting International 株式会社のビジネスディベロップメントマネージャー
Chain Agnostics 会長
複数の ICO プロジェクトのアドバイザー

Feng Li

Coinbase& Ripple アーリーステージインベスター
FreeS Fund 創立パートナー
IDG 元パートナー
多数なる成功し、イグジットする経験を持つシリアルアントプレナー

Benjamin Chodroff

Elabify の CEO、AI の実装
元 ClearObject の CTO
IBM Watson IoT の開発者

Luba Tang

CEO at Skymizer
Ten years experience of compiler
Designer of Cyber​​mile compiler & programming language

Dr Baoxun Wang

HIT Computer Science PhD
Microsoft Xiaobing Chief Machine Learning Scientist & Chief Algorithm Principal
Trio.ai Chief Scientist

会社概要

我々は未来の縁に立ち、テクノロジーの秘めるポテンシャルを引き出し、偉大を成し遂げることを志す。

連絡を取り合おう

お問い合わせ

UIUC - Research Park 2111
S.Oak Street, Suite 113